Chara'ft(キャラフト)
=キャラクター(個性)×クラフト(モノづくり)

アニメ・イラスト・マンガなどコンテンツをつくるひと、
モノをつくるひと、
モノを伝えるひと、
モノを届けるひと、
かかわる全ての人の"個性"。

コンテンツをつくること、
モノをつくること、
モノを伝えること、
モノを届けること、
全てが"モノづくり"。

かかわる全ての人たちが一緒になって
それぞれの個性でモノづくりをする
キャラクター×クラフトなプロジェクト。

  • 今より“もう少し”|砥部焼すこし屋(愛媛県・砥部焼)

    今より“もう少し”|砥部焼すこし屋(愛媛県・砥部焼)

    |1.日々の暮らしに馴染むうつわ「砥部焼」   砥部焼(とべやき)とは、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器を指します。ぽってりとした厚みのある形状と、少し灰色味のかかった白の素地が特徴。江戸時代に誕生し、昭和51年には伝統的工芸品として指定された焼き物です。厚手かつ重量感もあるため、欠けやヒビが入りにくく丈夫。夫婦喧嘩で投げつけても割れないという逸話から別名・喧嘩器とも呼ばれるのだとか。身近なところでいえば、うどんや蕎麦の鉢などによく使用されています。   砥部焼(左)・・・一般的な素地である有田焼(右)と比較すると、ぽってりとした厚みのある形状と少し灰色味のかかった白の素地が特徴     そんな砥部焼の伝統を受け継ぎながら日々モノづくりに挑戦している窯元のひとつ、『砥部焼すこし屋』の松田知美さんにお話を伺いました。 松田知美さん。砥部町無形文化財の祖父を持つ夫の歩さんと共に『砥部焼すこし屋』を営む。         |2.四国一の焼物の里・愛媛県砥部町   ―すこし屋さんが窯を構える愛媛県伊予郡砥部町とはどんなところですか?   田舎の住宅街みたいな感じですよ。周りにお家も何軒かあって。数十年前まではこの辺一体で大きな窯があったそうなのですが、今は車で数分走らせたところに窯がいくつかあるくらいです。   ―砥部町内にもいくつか窯があるんですね。   そうですね。窯が分かれた時に、夫の祖父がこの奥まった場所をもらったみたいで。祖父がこの窯を使用しなくなったこともあり12年ほど前に私たちもこの土地に移ってきました。   毎年春になると工房裏の桜が満開に。     ―現在、すこし屋さんでは何名の方が働いてらっしゃるんですか?   正社員さんとパートさんで9名、に私たち夫婦ふたり…合わせて11名ですね。土の成形や窯での焼きをメインとする“つくり”担当が4~5名。残りが“絵付け”や梱包作業などを担当しています。夫が“つくり”の主をしつつ、実際に土に向かって成形をしたり窯焚きをしたりしていますね。  ...

    今より“もう少し”|砥部焼すこし屋(愛媛県・砥部焼)

    |1.日々の暮らしに馴染むうつわ「砥部焼」   砥部焼(とべやき)とは、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器を指します。ぽってりとした厚みのある形状と、少し灰色味のかかった白の素地が特徴。江戸時代に誕生し、昭和51年には伝統的工芸品として指定された焼き物です。厚手かつ重量感もあるため、欠けやヒビが入りにくく丈夫。夫婦喧嘩で投げつけても割れないという逸話から別名・喧嘩器とも呼ばれるのだとか。身近なところでいえば、うどんや蕎麦の鉢などによく使用されています。   砥部焼(左)・・・一般的な素地である有田焼(右)と比較すると、ぽってりとした厚みのある形状と少し灰色味のかかった白の素地が特徴     そんな砥部焼の伝統を受け継ぎながら日々モノづくりに挑戦している窯元のひとつ、『砥部焼すこし屋』の松田知美さんにお話を伺いました。 松田知美さん。砥部町無形文化財の祖父を持つ夫の歩さんと共に『砥部焼すこし屋』を営む。         |2.四国一の焼物の里・愛媛県砥部町   ―すこし屋さんが窯を構える愛媛県伊予郡砥部町とはどんなところですか?   田舎の住宅街みたいな感じですよ。周りにお家も何軒かあって。数十年前まではこの辺一体で大きな窯があったそうなのですが、今は車で数分走らせたところに窯がいくつかあるくらいです。   ―砥部町内にもいくつか窯があるんですね。   そうですね。窯が分かれた時に、夫の祖父がこの奥まった場所をもらったみたいで。祖父がこの窯を使用しなくなったこともあり12年ほど前に私たちもこの土地に移ってきました。   毎年春になると工房裏の桜が満開に。     ―現在、すこし屋さんでは何名の方が働いてらっしゃるんですか?   正社員さんとパートさんで9名、に私たち夫婦ふたり…合わせて11名ですね。土の成形や窯での焼きをメインとする“つくり”担当が4~5名。残りが“絵付け”や梱包作業などを担当しています。夫が“つくり”の主をしつつ、実際に土に向かって成形をしたり窯焚きをしたりしていますね。  ...

  • キャだるま

    キャだるま

    「キャだるま」は、季節やイベント、自分にとって大切な行事を好きな作品と一緒に過ごせるモノづくりです。

    フィギュアなどの多くの立体物ではまず木型や金型を作ります。型は一つで数万円、数十万円するために、短い季節や行事をテーマにしてモノづくりをすることが難しいんです。
    それでも自分の好きな作品と、自分にとって大切な行事を楽しむために何かできることってないのかなと思い、一つ一つを手描きで表現した立体物を作ることに。

    底が重くて、飾っている時に倒れてもすぐ起き上がれるのがだるまの特徴。
    実際に、古くから疫病や天災など、さまざまな災厄を妨げるものとして飾られてきた縁起物としての歴史があります。

    手描きで表現すること、だるまの特徴や由来、古くから続く技法の組み合わせによって、色んなテーマを表現した飾って過ごせるモノができるようになりました。

    机や本棚、食卓でも玄関でも、ちょっとした隙間だけで十分な高さ約5cm、小ぶりなサイズのだるまです。
    キャだるまだってもちろん起き上がります。

    キャだるまはいつでもどこでも好きな作品と一緒に過ごせるモノづくりを目指してます。

1 2